当院で接種可能なワクチンを掲載しています。

ワクチン接種について

HPVワクチン[子宮頸がんワクチン(シルガード9)]

詳しくはこちら

「子宮頸がん」はヒトパピローマウイルス(HPV)による感染で発症します。
このHPVの内、6、11、16、18、31、33、45、52及び58型による感染を防ぐワクチンが国内で接種可能となりました。シルガード9に含まれるHPV型により日本人の子宮頸がんの原因となるHPV型の88.2%をカバーします。性感染症の一種である尖圭コンジローマの予防も可能です。
シルガード9は年齢によって選択可能な接種回数が異なります。
小学6年生〜高校1年生の女子が定期接種の対象です。
通常初回接種から2ヵ月後に2回目、6ヵ月後に3回目の3回筋肉注射を行いますが、 15歳未満で接種を開始すると、初回接種から6〜12ヵ月の間隔を置いた、合計2回の接種で終了します。
副作用がご心配な方は14歳までに接種すると2回の接種で良いため、早めの接種をご検討ください。
HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)と20歳を過ぎたら子宮頸がん検診の受診をすることが、子宮頸がんの予防に有効です。

予約日

診療時間内ならいつでも可能です。婦人科枠でご予約ください。

  • 月火水金曜日の17:00、土曜日の8:15または12:00 HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)優先枠でご予約いただくと、通常より短い待ち時間で対応します。
対象の方 小学6年生以上の女性
接種間隔

初回2回目 初回から2ヵ月後3回目 初回から6ヵ月後

  • 小学6年生以上15歳未満で接種開始すると、初回接種から6〜12ヵ月の間隔をおいた合計2回の接種も可
接種費用

2025年3月まで長崎県内に住民票がある小学6年生〜平成9年度生まれ(1997年4月2日〜)の方は自己負担無料(公費)です。
それを過ぎると約10万円かかります。

シルガード9
1回目 33,000円(診察料込み、税込み)
2回目 33,000円(診察料込み、税込み)
3回目 33,000円(診察料込み、税込み)
料金は3回接種でおおよそ99,000円(税込み)

ガーダシル
1回目 16,000円(診察料込み、税込み)
2回目 14,500円(診察料込み、税込み)
3回目 14,500円(診察料込み、税込み)
料金は3回接種でおおよそ45,000円(税込み)

接種希望される方は、インターネット予約やアプリ、窓口にお電話(0956-38-5555)をお願いします。
この機会を逃すことなくぜひ接種をお考えください。

  • 住民票が県外にある方は住民票のある自治体に接種の手続きに関してお問合せください。
    ワクチン接種前にお手続きが行われないと自己負担が発生することがありますのでぜひ接種前にご確認ください。
  • HPVは子宮頸がんだけでなく尖圭コンジローマ、肛門がん、陰茎がん、中咽頭がんなど男性が罹患するがんにも関与しているウイルスです。海外では男性にもHPVワクチンの接種が公費(自己負担無料)で行われております。
    日本では男子にも接種が可能ですが、男子が接種を希望する場合は自己負担が発生します。
    男性ではガーダシル(HPV 6、11、16、18を予防)が接種可能です。
    料金は3回接種でおおよそ45,000円(税込み)です。
    接種ご希望の方はお電話でお問合せください。

HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)接種を検討しているため、事前に医師から詳しく話を聞きたいという方には、説明だけの対応も可能です。婦人科枠でご予約ください。

HPVワクチン

麻疹・風疹ワクチン

詳しくはこちら

赤ちゃんを望むうえで気をつけたいのが、風疹や麻疹(はしか)など感染症への備えです。
妊娠中に風疹にかかると、先天性心疾患、難聴、白内障などを引き起こすことがあります、妊娠中に麻疹にかかると、流産、早産、胎児発育不全などを引き起こすことがあります。
いずれもワクチンで予防できますが、妊娠中の麻疹・風疹ワクチン接種はできません。妊娠前に抗体検査を受け、抗体価が低い場合は予防接種を受けて免疫を獲得しておきましょう。パートナーの検査・ワクチン接種も当院で可能です。

麻疹・風疹の接種を受け付けております。

骨量対象者検診
  • 妊娠を予定、または希望している女性(すでに妊娠されてる方への接種はできません。)
  • 妊娠を予定、または希望している女性のパートナー・夫
  • 妊婦の夫
費用 11,000円(税込み)

接種希望される方はお問い合せください。

インフルエンザワクチン(3歳〜)

詳しくはこちら

毎年10月〜12月頃に行なっています。

3歳〜 4,500円(税込み)
佐世保市に住民票を有する65歳以上 1,300円(税込み)
Page Top